Real Time Analytics
『イングリッシュ・ペイシェント』に撮影されたことで一躍有名になった泳者の洞窟壁画は、1933年にハンガリー人の探検家ラズロ・アルマシーによって発見されました。人々が泳ぐ様子を描いたこの見事な壁画は、1万年以上前のもので、アルマシーは環境が急激に変化するはるか以前の、この一帯の人々の日常生活を描いたものと推定しています。このロックアートは考古学史跡として世界遺産に指定されており、壁画に触れたり、水をかけたり、ごみを残さないようお気をつけください。
クリックして追加クリックして削除

タグ:西部砂漠地帯ギルフ・エル・ケビール砂漠とオアシスサファリ

近隣のアトラクション